アーカイブ

村山悟郎 個展「監獄のファンタジー」
本展では村山の新たな試みとして、現代のメディアがもつ権力や暴力に抵抗するためのアートによるアプローチを示します。展覧会は全て新作であり、写真、映像、ドローイングで構成されます。またゲストアーティストに稲田禎洋、小沢裕子、吉野ももを迎えコラボレーション作品も発表いたします。

【開催概要】
会期:6月6日(土)~6月28日(日)12:00~18:00(月・火休廊)
観覧料:500円
場所:小金井アートスポット シャトー2F(ニーエフ)
〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3 シャトー小金井 2F
http://www.chateau2f.com/index.php
主催:NPO法人 アートフルアクション !

【イベント】
・オープニングレセプション&アーティストトーク
6月6日(土)18:00~(軽食付き・観覧料込み 1000円)

・ゲストトーク 「メディアの社会制作について」
ゲスト:北田暁大氏(東京大学准教授・理論社会学、メディア史)
6月14日(日)18:00~(観覧料込み 1000円)

クソコラとは何だったか。たんなる粗悪なイタズラだったのか。おそらくそうではない。イスラム国が二名の日本人を誘拐したさい、映像や写真そしてネットといった諸メディアは、私たちの現実に直にはたらく凶器として用いられた。それに応じて生起した無数のクソコラは、ネットに渦巻く名無しの怯えた動揺をともないつつ、密やかな抵抗を帯びていたはずである。それは、イスラム国の連中が、メディアを「ガチで」使う、その暑苦しいノリに対する抵抗である。メディアをフィクションではなく、リアルな、現実と地続きなものとしてあつかう野暮ったさ。これに嫌悪したのである。メディアには事実を切り取るというインデックス性があるが、そのリアリティを破る「虚構の生成力」としてクソコラは現れたのではなかったか。

【参加アーティスト】
稲田禎洋 INADA, Yoshihiro
2014年、東京藝術大学大学院美術研究科壁画専攻修了

小沢裕子 OZAWA, Yuko
1984年、千葉県生まれ。2009年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了 http://pa03040yo.web.fc2.com

吉野もも YOSHINO, Momo
1988年、東京都生まれ、。2014年イギリスのロイヤルアカデミースクールに交換留学。2015年東京藝術大学大学院油画専攻を修了。現在、多摩美術大学絵画学科油画専攻
副手
http://yoshinomomo.com

村山悟郎 MURAYAMA, Goro
1983年、東京都生まれ。2011年、ロンドン芸術大学 チェルシーカレッジ, MA
ファインアートコースに交換留学。2015年、東京藝術大学博士後期課程美術専攻油画研究領域修了。博士(美術)
http://goromurayama.com/

Archive