Project Blog

タマのカーニヴァルプロジェクト看板制作&プレワークショップ

2013.07.20
7月27日(日)〜始まるタマのカーニヴァルのワークショップ開催に向けて、
段ボールで看板を制作しました。
20130720-2013-07-19.jpg

チラシに使われているやまさき薫さんの仮面のイラストを描きます。
プロジェクターでイラストを拡大して、サインペンで色を塗り、完成です。
7月27日は、小金井市内に完成した看板が出現します。
お楽しみに。

また、プレワークショップを行いました。
総合ディレクターの港さん、澤さんの演奏を聞きながら、
子どもたちがフライパンを叩いて、合奏です。
20130720-tama.jpg

こちらは、8月7日にはけの森美術館で行う夏休み・物語つくりワークショップ講師の
平井航さんです。
石や葉っぱで作ったモノ語るものたちです。
20130720-hirai.jpg


タマのカーニヴァルの詳細は、こちらをどうぞ。
http://tama-carnival.com/


AAスタッフ 牧

タイコをつくります!

2013.07.15
タマのカーニヴァルでは、参加してくれる人たちと一緒にタイコをつくります。ジャンベみたいなmyタイコをつくって、みんなでリズムを刻みましょう。

というわけで、今日は、タイコの皮を引っ張るための輪っかの試作をしました。

溶接機やマスク、番線などなどをそろえて、怪しい人たちが集結しました。
タイコの外側はみんなで自由に絵を書くこともできます。タイコの表面を引っ張る紐はとてもかっこいい編み方があるみたい。暑さも蚊もなんのその、です。

タイコが集結する日もちかい?です。楽しみですね!(m)

20130715-taiko_1.jpg
以前つくったタイコを解体してみました。ふーん、こんな風になっているんだ!?


20130715-taiko2.jpg
あれやこれや、どうやったら、丸ができるのかな、知恵を絞ります。


20130715-taiko3.jpg
かなり怪しい。でも、見通しが立ってくると、楽しくなってきます。完成が楽しみだ!


プロジェクトの日々

2013.07.13
シャトー2Fでは、さまざまな企画が動いていて、日々いろいろな方が訪れてくださって、活発なミーティングが行われています。

この日は「問いかけながら道をゆく(仮)」展の出展作家たち(呉夏枝さん、リュウ•ルーシャンさん、イトーターリさん)とインターンの田中さんが参加し、それぞれの作品やテーマについて、積極的に語っていかれました。

アイデンティティやセクシャリティ、アートイベントと地域、アートとお金の問題、表現の手法のをめぐって、とっても刺激的な対話がなされました。途中、大木裕之さんの乱入(!)もあり、大阪、四国ツアーも実現しそう(一部で)です。「場」は、重要ですね。
みやした

20130713-img_0661.jpg





今秋開催予定のスタッフ持ち込み企画!!舞台は小金井〜準備進行中〜

2013.07.09
20130709-img_te.jpg
早々に梅雨が明け、いよいよ夏ですね。暑いですね。

さて、昨日はそんな暑さのなか、
ペットボトルと事務局長からいただいた塩キャラメルを手に、
自転車で小金井のあちこちを巡りに出かけました。
若手スタッフ陣持ち込み企画で、
ギャラリー展示&アートイベントを11月に予定しており、
それに向けてのフィールドワークです。
事前に小金井のマップで気になる所に目星をつけ、

滄浪泉園や三楽の森、集会所、貫井神社で出土された土器、遊歩道、直売所などなどを見て回りました。

私自身、小金井に20年近く住んでいながら、まだまだ知らない所が沢山あり、
とても新鮮でした。いつも通っている道の脇をちょっとそれるだけで、
自分のテリトリーや行動範囲をちょっと越えてみるだけで、
全く違う世界が見えてきたりします。

街を歩いていると地図には記載されているのに、今はもうソコには無い、
という事にも出くわします。
小さい頃に遊んだ「かぶと山」はもうその場所にはありません。

あの時限りのことだった。を実感させられます。

さて、
そんな企画のタイトルは…

「小金井これっきりエンナーレ(仮)」

企画の実体は…

また追ってご紹介していきたいと思います。
小金井というまち自体を土台として「表現」を展開していきます。

それでは、みなさま、熱中症にはお気をつけ下さい!!

とみー

Archive