Project Blog

studio cooca 訪問

2014.12.02
今年度、市内のNPOスペース楽、楽2の皆さんとご一緒して、プロジェクトを進めています。

今日は、ご一緒に平塚にあるスタジオクーカにうかがって、施設の利用者の皆さんの絵、作品をバッグや筆入れ等の商品にして社会に送り出している、仕組みや考え方について伺ってきました。

最初に法的な枠組みありき、というより、利用者の個性や志向性を尊重して運営されているように感じました。

利用者の行動をひとつのパフォーマンスととらえると見え方が変ってきた、というコメントはとても印象的でした。

何かの機会にご一緒できると嬉しいな、と思った次第。
帰り道、熊澤酒造にも立ち寄って、物販について学習(苦笑)。


20141202-img_1883.jpg

20141202-img_1882_2.jpg

ピロリンオーケストラ 第3回WSより

2014.12.02
きたまちセンターのスタジオも借りました。

前回つくったカウベルやマラカスに加えて、今回はストローも参入。
あっという間に音が出る、穴をあけて音階、さらには短くして高い音、長くして低い音、先っぽに紙コップをつけてサックス‥。どんどん広がっていきます。

スタジオで皆でセッション。既設の電子ピアノ(っていうの?)かなり強い楽器なんだな、ということを再確認。

足もとではギターを琴のように置いてつま弾く少年。
まあ、とにかく、おもしろい。
ちょっとしたリーダーシップがあると、それにどんどん折り重なっていく音たち。

次はギタリストとフルーティストの演奏を聴いて、セッションしてみようって。
楽しみです!

20141202-img_1868.jpg

20141202-img_1874.jpg

本町小学校 第1回ワークショップ終了!

2014.11.26
先日、段ボールで大人がプレゼンテーションをしたことを紹介しました。
その後、子供たちからアイデアを募ったところ、ほぼ全員の生徒からアイデアがよせられました。

アイデアをもとに図工科の先生のもと、クラスごとに4つから5つのテーマを決めて希望を募りました。

大きなテーマは「箱」ー。
箱を主題に、

土偶
空き地にビルを建てる
暗いクリスマス


などなど。2クラスで9項目。

子供たちは、脚本、美術、音響、照明などの係に分かれて、20分程度の表現を構想します。各チームに一人ないしは二人の大人が伴走します。

今日は全体のプログラムや表現方法、道具を考えて皆の前で作品として発表。これから3回のプログラムを経て、皆の前で発表します。

衣装や音、主題にあわせていろいろなアイデアが出ては引っ込み。ひとつのアイデアを練ること、吟味すること、次のアイデアにつなげることなどなど、なかなか物事をつくりだすことは難しい?

一週間で宿題もでています。さてさて、どうなるかな?
相変わらずの主題ですが、どの程度大人が介入するのか、何処まで話しを拡げると収拾できなくなるのか、などなど、大人の方でも難しさを感じながら、子どもと向き合います。

写真は2時間の活動の結果をクラスのお友だちに発表する様子。そうそう、この後大人スタッフはそれぞれのクラスで給食をいただきました。

20141126-img_1845.jpg



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 19 | 20 | 21 || Next»

Archive