News

展示会「超たまたま14開催中です!」トークイベントのお知らせ

2016.05.19

大木裕之 超たまたま14
映像作家、大木裕之による千載一遇の企画展示「超たまたま14」。たまたま、であるがゆえに、瞬間の「今」が立ち上がります。

■日時:2016年5月16日~5月29日 12:00-18:00(イベント開催時をのぞく) 5月23日、24日 休廊
■観覧料:500円(カフェの割引チケットがつきます)

********************************
イベントその2
「宮地尚子+長島有里枝 たまたま開いたページを読んでみる」

はじめて出会った二人の女性。それぞれの本を糸口に、見えている景色について語ります。

■日時:2016年5月27日(金) 19:00から
■場所:小金井 アートスポットシャトー2F(小金井市本町6-5-3シャトー小金井2F)
■地図:http://artfullaction.net/access/index.php
■展示、トーク観覧料:1,000円(カフェの割引チケットがつきます)

■ゲスト紹介■
◆宮地尚子 兵庫県生まれ。京都府立医科大学卒業。一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻・教授。精神科医師。医学博士。専攻は文化精神医学、医療人類学、トラウマとジェンダー。著書に『管状島=トラウマの地政学』(みすず書房刊)、『トラウマ』(岩波新書)など。最新刊『ははがうまれる』(福音館書店)。
◆長島有里枝 1973年東京生まれ。1993年、武蔵野美術大学在学中に『アーバナート#2展』でパルコ賞を受賞、写真家として注目を集める。1999年、California Institute of the ArtsにてMFA修了。2015年、武蔵大学社会学部前期博士課程にてフェミニズムを学ぶ。2000年、写真集『Pastime Paradise』(マドラ出版)で第26回木村伊兵衛写真賞受賞。2010年、初のエッセイ集『背中の記憶』(講談社)で第23回三島由紀夫賞候補、および講談社エッセイ賞を受賞。写真集に『SWISS』(2010,赤々舎)、『5 comes after 6』(2014, bookshop M)など。

主催・共催:大木裕之、NPO法人アートフル・アクション

活動記録報告書頒布のご案内

2016.05.18

アートフル・アクションでは、活動記録の報告書の作成・頒布を行っています。現在、以下の活動記録を頒布しております。数に限りがありますので、ご興味のある方はお問い合わせください。


『はじまるようではじまらない、でもはじまっている タマのカーニヴァルの言葉』2013年 1200円+税

『コガネイの地上絵ガイドブック』2015年 100円

『これっきりエンナーレ』1200円+税



Archive