News

小金井と私 秘かな表現 市民生活展『想起のボタン』―「私」の「記憶」が編みなおされる、市民ひとりひとりの生活展― 関連イベントプログラム企画のご案内

2016.08.04

小金井と私 秘かな表現 市民生活展『想起のボタン』
―「私」の「記憶」が編みなおされる、市民ひとりひとりの生活展―

平成28年8月23日(火)~28日(日)

開場時間:
 23日(火)~26日(金)12時~21時、
 27日(土)10時~21時、
 28日(日)10時~17時


関連イベントプログラム企画

小金井と私 秘かな表現 市民生活展『想起のボタン』では、会期中に市民メディエーターやゲストディレクターたちによる様々な関連イベントが企画されています。自分ではない人=他者の記憶を預かってそこから「表現」を立ち上げてきた私たちが生身の身体を通して、皆さんの小金井の街の記憶を語りあることができれば。上映会、試食会、座談会、音楽鑑賞会と方法は様々。ぜひ、お気軽に遊びにきてください。

※プログラムはさらに追加する可能性がありますので、その都度、フェイスブックページやアートフルアクションのウェブサイトにて告知致します。

Facebook:小金井と私秘かな表現2016生活展『想起のボタン』https://www.facebook.com/recallkoganei/?fref=ts

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■「想起の座談会 ー他者の記憶で“表現”することの意味。そして私の変化について考えてみるー」
 本展を企画してきた市民メディエーターたちの営みを振り返る座談会。小金井のまちの記憶を集めるプロセスで実際にこの街で暮らす市民メディエーターひとりひとりの視線はどのように変化したのか。また、小金井に限らず自分たちが暮らす「街」をより楽しみ、より愛着を育むために私たちにできることは? ゲストに記憶と表現をテーマに様々なアートプロジェクトを手掛ける松本篤さんと、小金井市民なら一度は見たことがあるでしょうミニコミ誌『武蔵野から』を編集する野口由紀子氏をお迎えして、ざっくばらんに語り合います。

日時:8月27日(土)18時半〜20時半
ゲスト:松本篤(NPO法人記録と表現とメディアのための組織 [remo])、野口由紀子(地域情報紙『武蔵野から』編集長)
ホスト:市民メディエーター、荒田詩乃(本展アートマネージャー/NPO法人 アートフル・アクション)、アサダワタル(本展ゲストディレクター)
-
■「想起の再演 ー市民メディエーターによるギャラリートークー」小金井と“イマジン(Imagine)”
 小金井に暮らす市民の記憶を取材し、それらを表現(展示作品)へと昇華する。自らも小金井に暮らす市民である有志が集まり、記憶を変換する「市民メディエーター」として様々な活動を繰り広げてきました。会期中、市民メディエーターひとりひとりが自身の作品を中心に解説。他の作品もゲストディレクターとともに見て回ります。ひょっとしたら取材対象者である市民の方もご登場いただけるかも? ぜひ小金井の街で暮らす人々の生の声に触れながら、展示をご堪能ください。

※日程が決定次第、HPかfacebookページで発表いたします。
※本展ゲストディレクタ―であるアサダワタルも滞在。

■「想起のレコード ワークショップ ー小金井の記憶をコンピ化しようー」
 あの日あの時あの場所で君に会えなかったら。私たちは音楽を「想起のボタン」にしながら、かつての人間関係や街の記憶を想起することが多々あります。このワークショップでは、皆さんに「小金井での思い出と密接に絡まり合った音源」を持ち寄っていただき、実際に会場で聞きながら世界たった一枚しかない「小金井の記憶コンピレーションアルバム」を制作します。酸いも甘いも喜怒哀楽も携えて、ぜひ音楽に浸りましょう。

日時:8月25日(木)19時半〜21時
ホスト;アサダワタル(本展ゲストディレクター)
準備物:参加ご希望の方は当日、「小金井での思い出と密接に絡まり合った音源」(CD、レコード、カセットテープなど…)を最低1枚お持ちください。実物をお持ちでない方は、インターネット上で発見できそうであればその検査情報をお知らせください。

■「想起の試食会 ー小金井の“あの店”の味を再現しようー」
 その昔、プルーストはあの有名な小説『失われた時を求めて』のなかで語りました。マドレーヌの味をきっかけに、幼少期に家族そろって夏の休暇を過ごした街の記憶について実に詳細に。そう、味覚もまた「想起のボタン」。この試食会では市民メディエーターや記憶エピソード公募からあがってきた「いまはないけど、かつて小金井にあった“あの名店”のメニューを実際に再現した「何か」を間に挟んで語り合いましょう。ゲストは、シャトー2Fのカフェを切り盛りする阿部裕太朗さん。

日時:8月27日(木)15時〜16時
ゲスト:阿部裕太朗(NPO法人 アートフル・アクション カフェマネージャー)

■「想起の8mmフィルム上映会 ー私的な日常に映り込む小金井の風景ー」
 小金井街道周辺で、8ミリフィルムの撮影、映写、現像を楽しむプロジェクト・サークル「8mmFILM小金井街道プロジェクト」をお招きして、上映会を開催します。いまでは変わり果ててしまった風景も、昔のまんまの風景も、そこに映り込んだ記録から、各々の自由な記憶を語り合いましょう。

8月23日(火)19時半〜20時
8月28日(日)15時半〜16時
ゲスト映写:8mmFILM小金井街道プロジェクト
準備物:もし小金井の街が映っている発掘フィルム(新旧ともども)があればお持ちいただきます。

■「想起の時報 ―小金井と“イマジン(Imagine)”― & 小金井の“校歌”を再演する」
 かつて小金井では17時の時報にジョンレノンの「イマジン(Imagine)」(1971)が流れていたと言います。本展では17時に会場全体にこの時報を再現すると同時に、本展ゲストディレクターによる小金井市内のいくつかの校歌を再演します。

日時:会期中の17時(8月24日を除く)
校歌再演;アサダワタル



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

主催:東京都/小金井市/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/NPO法人アートフル・アクション
共催:小金井市民交流センター指定管理者こがねいしてぃ共同事業体
助成:一般財団法人地域創造/平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
企画制作:NPO法人アートフル・アクション




Archive