アーカイブ

第4回「市民がつくる現代アート入門講座」アーティストと一緒に作品を作ろう! 
『MAN-PRINT』ヒトとモノ?等身大の影と向き合う
これまで、「現代アートは自分の価値観を変革させるもの」「作品は問題提起」「アートを通してのコミュニケーション」など、「現代アートとは何か?」についてさまざまな切り口から考えてきた入門講座。第4回は作品の製作過程で何が表現され、どのようなコミュニケーションが生まれるのか、自分自身にどのような変化が起こるのか、実際に作品作りを経験しながら考えます。
「MAN-PRINT」とは、等身大の感光紙の上に、自分自身と大切な「物」などの影を移し取る浅見俊哉さんの作品シリーズです。今回は小金井市らしく「ゴミ」も投影してみようと思います。…はたしてそこにどんなアートが誕生するのか!?

定員:30人
対象:小学生以上(未就学児は保護者同伴)

【講師プロフィール】
1982年生まれ。学生の頃から作品展・アートワークショップを精力的に企画・実行し、「アートでできることは?」を模索する。2008年にアートを通して人と人がコミュニケーションをとれる場所として「KAPL-コシガヤアートポイントラボ」を設立。毎月1回のペースで企画展・ワークショップを通して風や光など目には見えないものを表現し、アートの楽しさを伝える活動を各地で実施している。
日時™‚
2013年1月13日(日)13:30(受付開始)14:00(制作開始)?16:00
場所
小金井市公民館本館視聴覚室(福祉会館)4F
浅見 俊哉(KAPLコシガヤアートポイントラボ代表)
主催
東京都、東京文化発信プロジェクト室、小金井市、NPO法人アートフル・アクション

Archive