NPO ARTFULL ACTION

LANGUAGES

学校連携プロジェクト'19


スタッフ

  • MiyashitaMiho
  • 荒田 詩乃

2019-09-04

17:15

そういうわけで、11月30日に、廣瀬俊介さんをお招きして振り返りとこれからを考える会をするわけですが、本日、お尋ねして、こちらの依頼についてお話ししてきました。

繰り返しになりますが、授業を評価してほしいわけではない。授業の取り組みを踏まえつつ、これからの道を一緒に考えてほしいということ。
それはつまり、自然や環境との出会い、対話、見えないものへの想像力をもつこと‥。身体のセンサーを信じて。

同業他社(笑)。ってか、先輩。お若いけれどね。

廣瀬さんの活動はこちらからも。

http://shunsukehirose.blogspot.com/

本棚には見知っている本がたくさん。
中でも、ああ、なるほどね、って思ったのは、『ゲニウス・ロキ』(シュルツ)、学生の時には絶版で、図書館でコピーして読んだっけ。
土地の霊性みたいなこと。学生の頃にはそうだよね、きっとって思った。40年近く前。
でも、今、異なる宗教的な背景を持つ私たちは、簡単にそうだよね、って言えない。
一間離れたところに、宮本常一『自然と日本人』。こちらを、まずは、熟読、かなあ。などと。

話は経験のこと、経験の質のこと、質(良し悪しではなくてね)をどう豊かにしていくのか、そもそも豊かさとは何か、ちゃんと立ち止まることなどなどを、子供たちとともに、どのように作っていくのかな、と。

これもまた継続。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト準備

2019-09-03

20:19

本年度、東村山市南台小学校との連携授業で、多磨全生園訪問の体験を造形を通して掘り下げてみる活動を行いました。
同校で行われる図工展では、全学年の図工での活動を紹介し、その中でも6年生のこの活動の成果を展示します。

この、図工展に合わせ、ランドスケープデザイナーの廣瀬俊介さんをゲストにお招きし、授業に参加した方々、都内の図工の先生方と振り返りを行います。
これまでは、教育関係者や大学の先生をお招きしての振り返りの会が多かったですが、今回はランドスケープデザイナーの方を。

前年度の全生園の活動は人権の森を主題にしました。今年も、隠れたテーマに森。
なぜ森なんだろう、人がなぜ森を大切に思うのだろう、そこに何を見ているのだろう、と考えると、風土をテーマにしている廣瀬さんと、今回の活動の「評価」について語り合うのではなく、これから育つ子供達にとって、風土というものがどのようなものなのかな、地域と繋げるということ、子供達を地域に返す、といつもおっしゃってる先生とじっくり話せるといいかなと思います。

11月30日、夕方。
よろしかったらお出かけくださいね。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト本番

2019-09-01

14:55

今年の学校プロジェクトで、算数の授業でプログラムを行う事になりそうです。数学者の岡潔さんの本を読んでいます。

無生法忍という、仏教において大自然の理を悟ることを理解しないと、本当の意味で数学を理解することはできないのだと岡さんはいいます。また、自然の中に心があるのではなく、心の中に自然があるとも言っている。
数学とは、この世界のありように関心を持ち続けること、その営みを通して、心の中にある自然に思いを馳せること。それは、情緒を大切にして生き続けることと深く関わっていると思うのです。

数学が苦手な私は、春から算数の授業で造形的活動のプログラムにずいぶんと悩んでいるのですが、ふれればふれるほど、そのひろさやゆたかさにとてもおどろきます。こどもたちにとって、算数の概念や学ぶことの概念がひろがるプログラムにしたいですね。そろそろ本格的に考えてゆかなければ、です。

  • 荒田 詩乃

2019-08-27

06:43

生まれ変わったら図工の先生になろう(笑)。
特に、少年院とか刑務所みたいなところの、と、まじで考えていたことがあります。
自分の子供が横路くんだったりね。

人が山や森から離れてしまって、人工物の中で暮らすようになっても、ものをつくるという、半ば本能みたいなものは真剣に大切にした方がいいって、いろんな意味で感じます。

これらは、先の東村山の小学校の図工時間の実験のために先生が集めてくれたもの。このほか大量の竹、木々。

4年生が対象でも、大人参加者のMさん。

「私はいわゆる、多くの人が共通してイメージできる楽器というもの以外の何かの物が作れないかと考えています。
身体を動かすことによって演奏する何かとか。
ある部屋自体が楽器で満たされていて、通過すると音がするとか。
まだ、具体的なアイデアは、何もないけれども。
つまり、楽器にオリジナリティも加えられないかなと考えています。
だけど、作るの大変になりそうだから、やはり、無理かな…。」

「はい。ありえない事を目指しましょう。
とりあえず、大風呂敷を広げて、ハードルを出来るだけ、高く設定するタイプなので。
どう、着地で知るかはわからないけど…」

うんうん、どんな時間になるか楽しみだよね。
ギコギコトントン、トントンギコギコ。
音楽はいいね。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト準備

2019-08-26

07:13

何年か前に、自然素材で楽器を作るプロジェクトを小学校で行いました。
そのプロジェクトを、改めて、東村山市の小学校で。

いつも、実験。
関わる人たちが素材に触れ、やってみて、子供たちと対面します。
実験初日。
音は振動、だけれど、振動だけではない。何か。
お昼休みに。

左手に持っているのはひょうたん。ひょうたん音を大きくしているんだね。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト準備

2019-08-09

08:56

なかばヤケクソ(失礼)とも言える、かもしれませんが、考えてみたいと思います。

今年も東村山市の小学校で、ハンセン病資料館を訪問した経験を元にした(あるいは経験を深めるため)に、図工の授業を学校と一緒に行いました。

終了して考えているのは、「経験」とは何か?ということです。ハンセン病資料館にいく、色々な物事を見聞きする、それを持ち帰り、振り返りつつ、出来事を「再現」ではなく、もう一度落ち着いて考えてみる時間をもつために、造形という技?手続き?を用いる。だけかな? 造形、という技は、そんなに道具として扱いやすいかな?万全かな? うーむ。

何かを作ってみよう、伝えてみようと前のめりに、能動的になることで、気がつかなかった細部やあるいはもっと大きな意味を考えさせられることはよくある。そう、それも考えていたことの一つだけれど、それが子供達にとってどういうことだったのか?あるいはどういう可能性があるのか?

もう一つは経験の「質」のようなこと。
私たちが高度な?硬質な?「質」を子供達に提供できると思っているわけではもちろんない。質に良い悪いを言いたいわけでもない。ただ、それは一人ひとりにとってとても違うものであるということ。形となって外に出てきたその様も大切ではある。でも、事や物に出会いながら、自問自答するその過程の曲折、自問自答の深まりが、頭の中だけではなく、手や身体、五感を通して得られることが大切なのかな、と。喧騒の中でも、一人ひとりがそんな瞬間を持つこと。

だから、大人は傍にただ居るだけ、を目指す。時によっては居ることが阻害することだってある。そんな時は息を殺して遠くにいる。
ささやかなことなのだけれどね。

授業の中で。素材があれば、どんどんと、変なことが始まる。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト準備

2019-07-23

09:34

これもプロジェクト本番の一つ。
学内に1月ほど展示した作品をまずは収納します。
先生、奮闘で、準備室に大きな作品を全部しまえるようにしてくださいました。
11月に、改めて学内で展示します。

9月、10月には楽器のプログラムも控えています。

音楽ってなんだろう?
これもまた大きな課題。端からどんどん読んでみて、やってみる。大人も。

グレングールドとの対話

を、眺めたりしながら、手にはこれ‥。
グールド、おもしろい‥。

まっつんと清水さんはジャガイモかと思ったてさ。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト本番

09:28

今年も東村山市の南台小学校で、全生園訪問の体験を造形で深める授業をしました。
授業終了後、1月近く学内に展示をしました。
この日は東京学芸大学の原子先生と学生さんが見学に来てくださいました。
環境教育の過程の中で全生園を訪問されているとのことでした。そんなつながりから。
たくさんの方と様々な出来事を語れると良いですね。

  • MiyashitaMiho
  • プロジェクト本番

2019-07-20

14:27

ある日の本

数学が好きでもできるわけでもない。けれど、趣味はきのこの採取、の天才数学者にはとても興味がある。彼は昔は人懐こいよく笑う子供だったそうだ。

グレゴール・ペルイマン

人がどのようにして行く道を定め世界を深めていくのか、たくさんの出会いの中で琴線に触れる、あるいは琴線どころか、世界そのものに触れてしまうこともあるかもしれない。それぞれの人の歩く道、その背中を思う。

というわけで、著名な数学者がどのような契機でこの道に進んだのか、インタビューと写真によって構成されている本。石井さんに頼んで買ってもらった。

英語版は無料。

成功した学者だから、肯定的なのかもしれないね。でもそれだけではなくて、問うに値する命題と感じられるものに出会えた肯定感なのかもしれない、それぞれの表情。

このページのキャサリーン・A・オキキオルは、絵画か数学か?そのつぎのページのガワーズは音楽か数学か?を迷った挙句に数学を選んだそう。
天が二物を与えるかどうかと言った問題ではなくて、なんとなく、その二物にあるのは「探求」、ではないかと思う。

以前、トークの場で会場から質問されたっけ。あなたにとってアートってなんですか?って。しばらく考えて、きっと「探求」、追い求めることそのもの、のような気がする、って答えた気がする。多分。人助けでも自己表現でもない。道そのもの。

小学校の算数の授業に参加します。
造形は手先の問題ではなくて、思考や直観、哲学の問題だったりもする、だろう‥。
どんな風に算数少年少女に出会えるといいかな、冬の授業にむけて考え中。

  • MiyashitaMiho
  • つぶやき

2019-07-11

07:40

ある日の本棚。
本年度、小学校のPJでは、プログラミング教育にどんな風にアプローチするか、算数+図工はあり得ないかと模索中。
スカイプでのミーティング中に、本棚を見回しつつ、この、性差別的タイトル『おくさま便利帳』が、なかなか面白い。
暮らしの手帖のようなんだけれど、湿気の多い時期に靴箱をどうするか、とかそんなことね。
その隣の『数学的経験』も、全く何が何だかわからない、その加減がおもしろい。もしかしたら名著かもしれないけれどね。
生きていくことと学ぶことがどうそれぞれを豊かにしていくことができるのか? いやいや、そもそも、それぞれ、なんて風に分かれていないのかもしれないね。そのことに気づくことも大事だね。人間的経験。

  • MiyashitaMiho