News

地域プロジェクトのしくみ研究会  参加者募集中

2014.11.25

地域プロジェクトのしくみ研究会
~アートプロジェクトを通して「つながりのしくみ」の可能性を考える~

近年盛んに行われている「地域アートプロジェクト」。その概要は、インターネットで検索すれば簡単に知ることができます。しかし、「その地域で、その時期に、なぜ、そのようなプロジェクトが実施されることになったのか」「どういう枠組みで、誰が、何のために、どういう形でそのプロジェクトの運営を担っていたのか」という背景こそが、その地域ならではのプロジェクトを成り立たせる重要な要素であり、背景の仕組みを知り、学ぶことで、多くのことを得ることができます。
この研究会では、12月~3月の期間に、4つのトークセッションを行います。施設や団体の連携や協働に留まらず、人をつなぐこと、アイデアをつなぐことも協働や連携ととらえ、公共施設の相互関係、公共的なアートプログラムの新しいあり方を見据えつつ、より創造的な活動に発展させるための連携や協働の可能性を探ります。
参加者の皆さんと一緒に、アートプロジェクト運営への理解を深め、どうしたらより創造的になるのか、これからの可能性を考える、可能性の発見•実践型の新しい形のトークイベントです。様々な事例に触れながら、「小金井では何ができる?どんな仕組みが必要?」など考え提案しあえる機会になればと思います。

【第一回】
日時:2014年12月7日(日) 14時~17時
場所:小金井市民交流センタースペースN
定員:20名
お申込み・お問い合わせ:NPO法人アートフル・アクション 
メール:mail@artfullaction.net
電話:050-3627-9531(平日10時~17時)
申込締切:2014年12月6日(土)
※お預かりした個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

 内容:
第1部「 北欧とイギリスのアートが生まれるしくみ/育つしくみ!-Fantasy design in community-」
第2部「国内事例:「アートを通じて子どもと社会を繋ぐ」NPOの取り組みについて~つなげる/つながるしくみについて考える」
第3部 参加者によるディスカッション
北欧やイギリスで生まれる数々の " 地域コミュニティと積極的に関わっていくタイプ ” のアートプロジェクト。私たちの周りでも、いろいろな試みが行われるようになってきています。

今回のトークイベントでは、
1)ロンドン留学や北欧旅行で自ら経験したユニークなアートプロジェクトのひとつ、北欧の "こどもが企画・進行する" 「Fantasy Design in Communication」というプロジェクト
2)香川県で行われている、アートを通じて保育園と社会をつなぐ取り組みについて
の2つの事例を取り上げ、最終的に「アートによって小金井で生み出すことのできる価値とは?」をテーマに参加者と語り合いたいと思います。

事例発表者:
1)田辺エリ:ロンドン芸術大学に大学院留学の体験を持つ。現在はNPOアートフル・アクションの活動に、インターンとして楽しみながら関わっている。
2)四方田七穂:武蔵野美術大学芸術文化学科在学中。NPOアートフル・アクションインターン。

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、小金井市、NPO法人アートフル・アクション

『ケニア壁画プロジェクト』と、画家ミヤザキケンスケの1日限りの個展 開催

2014.11.05

【『ケニア壁画プロジェクト』と、画家ミヤザキケンスケの1日限りの個展 〜笑顔バトン コガネイからケニアへ〜】


◆日時:2014年11月16日(日) 午前11:00~午後17:00
◆場所:シャトー2F(しゃとーにえふ)
住所:〒184-0004 小金井市本町6-5-3 シャトー小金井2階
小金井アートスポット シャトー2F(にえふ)
http://www.chateau2f.com/access/index.php
◆参加費:無料


ケニアのスラム街にあるマゴソ・スクールの壁に
明るい色調の絵を子どもたちと描くことで、
彼らの顔を笑顔でいっぱいにしたい・・・。
そんな活動を2006年、2010年、と
継続的に行ってきた画家のミヤザキケンスケさん。

彼のこの『ケニア壁画プロジェクト』は、今年3回目を迎えます。
その3回目は、さらにたくさんのサポーターが集まり、
ケニアで描いてもらう原画をもとにした5mx1.4mの巨大1000ピースパズル、
ミヤザキさんの地元佐賀や東京都荒川区の小学生たちとマゴソの子どもたちとの交流、中目黒のスタジオ(中目黒ビオキッチンスタジオ)での交流会なども交えつつ、
プロジェクトを進めています。

そして11月16日(日)は、小金井のシャトー2Fギャラリーにて、『ケニア壁画プロジェクト』のワークショップ、お話、さらに巨大パズルであそんでいただいたり、マゴソの子どもたちへ贈るフラッグをご来場のみなさんと一緒につくっていきます。

当日は同じ会場内(カフェ)で、「ふゆのやさいとまったりむすび市」(マルシェ)も開催しております。

どうぞ楽しくあたたかな1日を過ごしに、
ご家族で、お友だちと、
そしてもちろんおひとりでもお気兼ねなく、
いらしてください。

【イベント内容】
◇11:00-17:00(フルタイム)
「ケニア壁画プロジェクト」の巨大1,000ピースパズルで おとなも子どもも遊んでみよう!

◇11:00-17:00(フルタイム)
「ケニア壁画プロジェクト」の映像上映

◇13:00~13:30
ミヤザキケンスケさんによるイベント・トーク

◇13:40-14:10
Parallelleap(パラレルリープ)のうた

◇14:30-15:30
「ぼく、わたしの学校の好きなものをフラッグに貼り付けよう!」ワークショップ

◇16:00-16:30
マスター木村の関西弁紙芝居とうた

◇17:00 終了

【作家紹介 ミヤザキケンスケ】
1978年佐賀市生まれ。筑波大学修士課程芸術研究科を終了後、ロンドンへ渡りアート活動を始める。帰国後、NHK「熱中時間」にてライヴ・ペインターとして活躍。そのほか、ケニアのスラム街の壁画プロジェクトや、東北支援プロジェクトなど、日本各地、世界各国で多岐に亘って活動中。

主催:Paint it! project
http://kmp.miyazakingdom.com/
協力:NPO法人アートフル・アクション
http://artfullaction.net/

ブレイン・ストライキ vol.4  〜グルーブ再考〜

2014.11.05

ブレイン・ストライキ、第4回を行います。
ーグルーブ再考ー
ゲストに桜井圭介さんをお招きします。

ダンス映像(そうでないのも)を次から次へと上映し、そこに潜んだグルーヴ感のありか・あり方を
解析していく3時間。
ダイナミックに踊ればグルーヴィー?
むしろ脱力するとグルーヴィー?
ていうか、グルーヴってそもそも、何でしたっけ?

ゲスト 桜井圭介(音楽家・ダンス批評)

日時 2014年11月15日(土) 15:00~18:00 ※30分前より受付開始
場所 シャトー2F
料金 1000円(1ドリンク付)
定員 30名
予約/問合せ info@kamimuramegumi.info

ゲストプロフィール
桜井圭介
1960年生まれ。批評活動だけでなく、吾妻橋ダンスクロッシング、清澄白河SNACのキュレーションを始めとするさまざまな方法でダンスにかかわり続ける。音楽家としても、遊園地再生事業団、ミクニヤナイハラ、ほうほう堂、地点、砂連尾理+寺田みさこ等、舞台作品での協働も多い。著書に『西麻布ダンス教室』『ダンシング・オールナイト』。

企画 神村恵

Archive