Project Blog

studio cooca 訪問

2014.12.02
今年度、市内のNPOスペース楽、楽2の皆さんとご一緒して、プロジェクトを進めています。

今日は、ご一緒に平塚にあるスタジオクーカにうかがって、施設の利用者の皆さんの絵、作品をバッグや筆入れ等の商品にして社会に送り出している、仕組みや考え方について伺ってきました。

最初に法的な枠組みありき、というより、利用者の個性や志向性を尊重して運営されているように感じました。

利用者の行動をひとつのパフォーマンスととらえると見え方が変ってきた、というコメントはとても印象的でした。

何かの機会にご一緒できると嬉しいな、と思った次第。
帰り道、熊澤酒造にも立ち寄って、物販について学習(苦笑)。


20141202-img_1883.jpg

20141202-img_1882_2.jpg

ピロリンオーケストラ 第3回WSより

2014.12.02
きたまちセンターのスタジオも借りました。

前回つくったカウベルやマラカスに加えて、今回はストローも参入。
あっという間に音が出る、穴をあけて音階、さらには短くして高い音、長くして低い音、先っぽに紙コップをつけてサックス‥。どんどん広がっていきます。

スタジオで皆でセッション。既設の電子ピアノ(っていうの?)かなり強い楽器なんだな、ということを再確認。

足もとではギターを琴のように置いてつま弾く少年。
まあ、とにかく、おもしろい。
ちょっとしたリーダーシップがあると、それにどんどん折り重なっていく音たち。

次はギタリストとフルーティストの演奏を聴いて、セッションしてみようって。
楽しみです!

20141202-img_1868.jpg

20141202-img_1874.jpg

Archive